HISTORY
沿革

1948年(昭和23年) 沖縄県中頭郡読谷村に民営移管の『南部酒造組合』として創業。
1953年(昭和28年) 『比嘉酒造』と改名し、比嘉寅吉が社長に就任。
アメリカ民政府から酒免許を取得し、第1号泡盛『まるたか』を発売。
1980年(昭和55年) 泡盛「残波」を発売。
1983年(昭和58年) ハブ酒を発売。
1985年(昭和60年) 『有限会社比嘉酒造』となる。
1986年(昭和61年) 泡盛『残波・30度(黒)』を発売。
1988年(昭和63年) 泡盛『残波・25度(白)』を発売。
1989年(平成元年) 残波カップを発売。
1990年(平成2年) 2代目比嘉健によって、オリジナルの蒸留機を開発。
1994年(平成6年) 会長に比嘉寅吉、代表取締役に比嘉健が就任。
1995年(平成7年) 泡盛残波TVCMに沖縄民謡歌手・前川守賢さんを起用。
2001年(平成13年) 読谷村長浜に工場を新設移転。
2006年(平成18年) 泡盛残波『蔵の宝』と『残波職人』を発売。
東京営業所を開設。
2009年(平成21年) 会長に比嘉健、代表取締役に比嘉兼作が就任。
2018年(平成30年) iTQiにおいて「残波プレミアム30度」が5年連続三ツ星及び7年連続ダイヤモンド味覚賞を受賞。
2019年(平成31年) 泡盛鑑評会において「残波古酒41度」が沖縄県知事賞、沖縄国税事務所長賞を受賞。

CONTACT US

お問い合わせ