琉球泡盛「残波」
  • 有限会社 比嘉酒造の企業情報
  • 泡盛残波など 商品一覧
  • 残波のこだわり
  • 工場見学
  • 泡盛の歴史
  • よくあるご質問
新着情報

2017/09/21

きいやま商店『盛り泡ろう!』PV公開!

沖縄を代表する泡盛を広く認知して頂くため、県内人気のきいやま商店によって、
『盛り泡ろう!』ダンスPVが、このほど完成いたしました。

46酒造所と、各代表の泡盛銘柄を歌にのせ、飲んで楽しく盛り上がる曲になっています。

2017/09/13

阪神梅田本店・沖縄うまいもの市のご案内

2017年9月13日(水)~9月19日 (火)まで阪神梅田本店で開催される、
『沖縄うまいもの市』に弊社も出展致します。

数量限定の残波1999年限定古酒、
海の彩五年古酒30度や残波青切りシークヮーサーを販売いたします。

是非とも、この機会にご来場ください。

催しのご案内 | 阪神梅田本店

会場 阪神梅田本店 8階催場
開催日時 2017年9月13日(水)~9月19日 (火)7日間
営業時間 AM10時〜PM20時(最終日は16時閉場)

阪神梅田本店・沖縄うまいもの市のご案内

ニュース一覧へ

 

泡盛の魅力

沖縄の方言で、3年以上熟成させた泡盛を「クース(古酒)」と言います。熟成すればするほど口当たりがやわらかく、奥深いまろやかさとコクがうまれます。瓶のままでも熟成するので、瓶入りの泡盛を3年以上寝かせておくだけで自分でクースにすることができるのもうれしいですよね。

そのまま飲んでもおいしい泡盛ですが、蒸留酒のためカクテルのベースにも最適です。ジンやウォッカなど、いつものベースを泡盛に変えるだけで全く新しいカクテルになります。強めで独特の風味があるお酒ですが、女性にも美味しく飲んでいただくことができます。

泡盛はおいしいだけでなく、体にも良いという話もあるうようです。それは、泡盛を飲むと「プラスミン」という酵素が増えることで血液がサラサラになり、泡盛の製造に黒麹が使用されることで、ポリフェノールの一種が含まれる為、活性酸素を除去してくれるからだそうです。

皆様に泡盛を美味しく楽しんで飲んでいただけるよう様々な情報をどんどんご紹介してまいりますので、是非ご覧ください。

泡盛のおいしい飲み方
簡単おつまみレシピ

人気の秘密

近年 泡盛の人気が高まっているのにはいくつか理由があります。まず、美味しくて健康にいいのはもちろん、カロリーが低いため、寝る前やダイエット中でもあまり気にせず飲めるということです。なぜ泡盛が低カロリーなのかというと、ワインやビールなどの醸造酒と違って糖質やタンパク質を含まない「蒸留酒」だからです。また、理由は解明されていませんが、泡盛は花粉症に効くとも言われています。一時テレビなどのメディアでも取り上げられ、その中で症状が軽くなった方が少なからずいらっしゃったようです。数年前には「泡盛マイスター協会」も立ち上げられ、セミナーや試験などが行われ、資格を取ることができたり、コンテストも開催されています。
残波プレミアム特設ページ
比嘉酒造「公式Facebookページ」
ブログはこちら
FMよみたん【読谷大好き!飲み歩き】毎週金曜日 18時30分から40分
泡盛百科 - 沖縄県内の全酒造所、全銘柄を網羅した泡盛検索サイト
沖縄を代表する泡盛カクテル誕生

トップページ個人情報保護方針サイトマップお問合せ

Copyright© Higa Shuzo co.,LTD All rights reserved.